チラシの裏の読書感想文@ネット小説紹介

自分が読んだWEB小説とやる夫スレと艦これの感想とレビューを書いてる場所
RSS

SLAYER'S CREED

SLAYER'S CREED

古い時代から、敵対する二つの組織があった。

人々の自由と平和を実現しようとする『アサシン教団』。

自らの統治のもと、平和を実現しようとする『テンプル騎士団』。

七年戦争の裏で起こった、アメリカを中心とした戦いは、『最凶のアサシンハンター』の手によって騎士団の勝利が確定的となった。

任務のためアメリカを離れた『アサシンハンター』の後を継いだ青年は、何の因果か『教団』も『騎士団』も存在しない世界へと転がりこむ。

己の信条と師との誓いのため、『闇に生き、光に奉仕する者』を殺す者から『祈らぬ者』を殺す者へ。


目の前にいる弱き人々を守るために━━。




「だが、デーモンやオーガは勘弁だ」

「ゴブリンだ」

「それなら行こう」


未知の世界を進む青年と、小鬼を殺す青年に、英知の父の導きがあらんことを━━━。



アサシングリードとゴブリンスレイヤーのクロスオーバー。
アサシングリードを知らなかったので回避してたけど、問題なかった。
前半は原作に沿って、後半になってくるとオリジナル系の展開も混じってくる。

ヒロインはイヤーワンに出てくる銀髪武闘家。
ゴブスレさんと同期なので、少しづつ信頼と実績を稼いでいく。
紹介してもらった作品の一つ。さじ加減がいい感じ。

この武闘派魔法使いに祝福を!

この武闘派魔法使いに祝福を!


「我が名はみんちゃす!紅魔族随一の武闘派!」
「随一もクソも近接に特化した脳筋アークウィザードなんて変態は、紅魔族どころか世界中探しても多分あなた一人ですよ……」
「オメーにだけは変態呼ばわりされたかねーよ、この一発屋が」
「なにおう!?」
「ま、まあまあ二人ともその辺に-」
「「ぼっちは黙ってろ!」」
「ひどい!?」

最強の血筋、ハイブリット、脳筋魔法使い、荒くれウィザード、ヤクザ魔法使い、外道魔法使い、紅魔の里の切れたナイフ、一撃熊をワンパンで沈めた男、魔王より極悪非道、サディスティックアークウィザード……といった数々の異名(ほとんど悪名)を持つ紅魔族の風雲児が、今日も本能の赴くままモンスター達をシバき倒す!
※魔法は添えるだけ。



喧嘩っ早い紅魔族でも手が出るのが早い主人公によるチンピラ冒険譚。
拳が武器のアークウィザード。自分にハブ山盛りして殴り殺す。
このすばメンバーになかなかいなかったポジションを獲得してるのがいい感じ。

ちょいクズ社畜の異世界ハーレム建国記

ちょいクズ社畜の異世界ハーレム建国記

 異世界に転生したサラリーマンで、人間としていろいろアレな問題を抱えるクズなアサギリ・コウ。
 コウは異世界で自由気ままに生きていこうとする。
 そんなコウのもとにエルフや吸血鬼、シスターや獣人など様々なヒロインと出会い、犯しハーレムを形成していく。
 引きこもりで対人恐怖症なコウだが、コウのもとには不思議と人が集まり、村を作り、街となり、やがて国を作っていく。

 ※ヒロインは『第13話 エルフ』から登場致します。それまで少し長いですが、お付き合い頂けたら幸いです。
 ※諸事情により137話あたりからエロさが増します。



エステバンの後書きで紹介されてたので読み始めた作品。
ステータス付きの異世界転移物。1話の文量の2割ほどがステータス。
土魔法でいろいろ作ったり、無自覚に多重詠唱使えたりのチート系。

前半はちょいエロなろうファンタジー。137話からはノクターンファンジーになる。
[ 2019/06/15 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

好色冒険エステバン

好色冒険エステバン

冒険者エステバンは元日本人だ。
何やら手違いで剣と魔法の異世界に転生し、成り上がりを目指して努力を重ねたが……挫折。
向上心を忘れてダラダラと自堕落な冒険者を続けていた彼が、ひょんなことからモテ始めた。

エステバンの強い(はず)、モテる(かも)、カッコいい(と思う)、そんな冒険が幕を開ける……かもしれない。幕を開けないかもしれない。

※やや下品な冒険活劇です。下ネタが多いのでお気をつけ下さい。



助けたエルフの霊薬によって肉体が若返ったエステバン。
ついてきたエルフと一緒にもう一度各地の冒険を始めるのだ。
結構お下劣な冒険活劇。割とサックっと完結した。もうちょっと続いても良かったかも。
[ 2019/06/14 21:00 ] 異世界 | TB(0) | CM(0)

ダンジョンの管理人はじめました。

ダンジョンの管理人はじめました。

【集英社ダッシュエックス文庫より書籍化5月24日発売】

ローファンタジースタートですが、12章12話よりハイファンタジー、異世界転移に変更しております。最初から読まれる方はローファンタジー展開が続きますのでお気をつけください。

 ある日、登山中だったタカシは突然降りだした雨を避けるため洞窟へ入った。しかしその洞窟はなんと生まれたてのダンジョンだった!

 それから数ヵ月
 一つの動画が動画投稿サイトにアップされる。その動画は一気に拡散され世界中を騒然とさせた。映っていたのはゴブリンが跳ね回りファイアボールが飛び交うファンタジーな光景。

 その事実を隠しようがなくなった日本政府は国内にダンジョンが出現したことを認めるのだった。最初に現れたダンジョンは千葉。次に山梨。その後ダンジョンは日本国内に続々と増えていく。

 人類とダンジョンマスターによる戦いの火蓋が切られる。
 タカシも生き残るため、そして仲間のために今日も侵入者を仕留めていくのだった。



書籍化作品でダンジョン物だったので読み始めた作品。
洗脳されて殺人に抵抗がなくなりガンガンとやっていく。
題材はいいんだろうけど最序盤がきつい。擬音でちゅどーんとかされると萎える。

もしかしたら現行に追いつけば面白いかもしれないけど、序盤が苦行すぎてギブアップ。
[ 2019/06/13 21:00 ] 現実 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

縛種桃源郷

Author:縛種桃源郷
不定期更新中(゚∀。)y─┛~~
作品紹介と艦これ感想がメイン
相互リンクはお気軽にどうぞ

検索フォーム
記事のランダム表示
(たまに404になるのはご愛嬌)
カテゴリ
リンク



surf by proxying.net